スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
手術日、決まりました
1月25日(日)、皮膚の状態を見せにまた病院に行ってきた
皮膚の方は、赤みも無くなり、毛も少し生えてきたので、これからは痒みのある部分だけ2日に1度シャンプーして、全体は週1回のシャンプーで良いとの事。
そして尻尾の手術は2月1日(日)にする事になった。
手術のとき、吐いてしまう事もあるので、当日の朝はご飯抜きで、お水も7時以降はあげないで下さいと言われた。
先週来たときには、12時に預けて3時頃迎えに来てくださいと言われたが、その日の午前中の患者さんの数と診察の進み具合にもよりますが、遠くから来ていて大変だと思いますので、1時頃お預かりして2時頃お返しできたらと思っていますと言ってくれた。
手術そのものは10分程度で終わるとの事・・・
その後は、8日に術後の経過を診せに行き、15日に抜糸の予定。
前に病院で痛い思いをしてから、診察台に乗せるとぶるぶる震えて私にしがみつくようになってしまったラティナ。
今週末、預けたときに、どうなってしまうのか不安だけど仕方ない・・・頑張ろうね、らっちゃん。
今日は前回サンプルでいただいたシャンプーを大きなサイズで出してもらい、ラティナのガールフレンドが買っているシャンプーが良さそうなので、それも購入した。

        ra090125-1.jpg                      ティーツリーオイルシャンプー・・・特長を読んでみると、化学薬品が含まれていないオールナチュラルのシャンプーで、かゆみ、乾燥、脂性を持つ犬猫にも安心して使用できると書いてある。
ジャッキーちゃんのお姉さんが、トリマーをやっていたとき、シャンプーで湿疹が出るほど荒れてしまったけれど、このシャンプーは大丈夫だと言っていたし、良さそう。

せっかく葛飾まで来たので、ジャーちゃんのお宅に寄らせてもらった。
大好きなお姉さんに沢山いい子、いい子してもらい、ラティナは大喜び
アンはジャーちゃんのガムを横取りし、ラティナやジャーちゃんが近寄ると、唸り声・・・
結局みんな、オヤツにガムをいただき、夢中・・・

         VFSH0140_convert_20090127160925.jpg
         オレに近づくと、ケガをするぜ

         VFSH0137_convert_20090127154951.jpg
         ラーは噛む力が強いので、ガムはすぐに解けます。

         VFSH0138_convert_20090127161057.jpg
そして、ジャーちゃんはテーブルの上から解けたのを確認・・・
テーブルから降りて、解けて散らばったガムを食べてました賢いなぁと関心・・・

その前には、ガルゥ~という声がした後、ラティナがクンクン泣いていた。
どうやらラーが噛んでいた、解けかかったガムをジャーちゃんに取られたみたいで、らっくんの方が女の子みたいだね・・・とお姉さんに言われ、大笑いした。
楽しいひとときだった

  病院代
薬用シャンプー・・・    ¥1300
ティーツリーシャンプー・・・¥2500
消費税・・・         ¥190
合計・・・          ¥3990




スポンサーサイト
【2009/01/27 16:48 】
病院 | コメント(2)
病院へ
1月18日、またラティナを連れて病院に行ってきた
今回は足の皮膚炎の状態を見せにと、前回考えておいて下さいと言われていた尻尾の手術のことを相談しにうかがった。
皮膚炎は前足の酷かったところは大分良くなってきたが、今度は後ろ足とお尻が痒くなってしまい、噛んだ部分が赤くなり毛がハゲてしまった。
3日程前からお尻も薬用シャンプーで洗って、なるべく噛まないように夜は長袖長ズボンのパジャマを着せていると先生に伝えた。
細胞を採って調べてくれたら、カビの胞子が活発に分裂していますね・・・いつも暖かい所にじっとしていることが多いですか?と聞かれた。
今回はサンプルとして、全身用の薬用シャンプー(4日分位)をいただいた。

        ra090118-2.jpg
  前回のイソジンシャンプーより薄いマスタード色・・・これで良くなるといいな。

そして、尻尾の方は全身麻酔が怖いので、どうしようかと思ったんですけれど、破裂する度に凄く痛い思いをさせるのも可哀想なのでお願いしようと思っていると伝えると、毛包嚢包の可能性が高いので今回は局部麻酔でやってみて、もし万が一肛門周囲腺腫だった場合は後日、全身麻酔で手術しましょうと言ってくれた。
手術は皮膚炎が良くなってからという事で、今週末また皮膚の状態を見せに行くことになった。
しばらくの間は毎週、病院通いです
        ra090118-1.jpg
      以前、友達がプレゼントしてくれたパジャマ・・・重宝しています。
そしてTちゃんにRちゃん、ラーの事を心配して、メールくれてありがとうね

 病院代
 皮膚検査料・・・¥500
 消費税・・・    ¥25
 合計・・・    ¥525
【2009/01/21 16:08 】
ペット | コメント(2) | トラックバック(0)
手術かも・・・
1月6日、ラティナを連れて病院に行った
また足を痒がってかいたり噛んでしまうことと、尻尾の膨らみが少し大きくなったような気がして、心配なので診てもらおうと思った。
痒みの部分は前回と同じく細菌による痒みのようで、イソジンシャンプーと軟膏をもらった。
尻尾の方は注射器で中の物を吸い取り診てくれ、2種類考えられるが毛包嚢包(出口のない毛根部にたまる角化物、皮脂)じゃないかということだった。
このまま大きくなって破裂すると、神経の集まっているところだから、相当痛いと思いますよと言われた。
破裂して膿が出てもその周りの袋状のものをとらないと、また溜まってしまうとのこと。
切って取り出す場合って、全身麻酔ですよね・・・と聞くと、毛包嚢包の場合は部分麻酔でも出来ますが、もし切ってみてもう1つの方の肛門周囲腺腫だった場合はもっと広い範囲で切りとらなければならないので全身麻酔をかけ直さなければならないので、初めから全身麻酔の方がいいとのことだった。
肛門周囲腺腫は未去勢の雄に出るもので、去勢することで消退するとのこと。
もし、それだとしたら、またできないように去勢しなくてはならないかも・・・
全身麻酔、大丈夫ですかね・・・と聞くと、先生は8歳だからまだ大丈夫でしょうと言っていたが、
前にご近所の方から知り合いのワンちゃんが去勢の手術をして、とても良い獣医さんで、どの麻酔がその子に合うか吟味してやってくれたのに、目を覚まさなかったという話を聞いていたので、余程のことが無い限り全身麻酔は避けたいと思っていた。
前回、女の先生に診てもらったときは、そんな話されなかったので、もっと軽く考えていたし、
今回まさかこんな話には、なると思ってなかった。
痒みの方の状態を見せにくるときまでに、リスクの面も含め考えておいてくださいと言われた。
膿の袋をとらない限り、破裂したあとまた溜まるし、破裂すると相当痛い・・・どっちみち手術しないとダメってこと・・・?
手術して、もしラティナに何かあったらと思うと怖い・・・
はぁ・・・新年早々凹む・・・

病院代
再診料     ¥500
皮膚科検査  ¥500
針吸引検査  ¥1000
薬用シャンプー¥500
外用薬     ¥1000
消費税     ¥170
合計      ¥3670

【2009/01/08 17:13 】
病院 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。