スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ラティナの大親友
久しぶりにラティナの大好きなお友達に会わせてあげました。
お友達の家の近くを車で通ると、会いたくて、クンクン泣き出します。
大親友との再会・・・

           VFSH0034.jpg    
とっても可愛い、トイプードルの女の子、ジャッキーちゃん。
ラティナはジャーちゃんの事が大好きなのですが、全く相手にされません^_^;
普段は短気なラティナですが、ジャーちゃんには何をされても怒りません。
誰にでも寛大な心で接してくれれば良いのですが・・・
いつも横に並んで、競い合うかのように歩いていた2匹・・・ラティナと会えなくなってからは余り歩かなくなってしまったそうです。
   
   VFSH0030.jpg
そして、大親友のポメラニアンの男の子、ゴン君。
今はサマーカットされていますが、立派な毛で、
初めて会ったときは、真っ黒くろすけみたいで、なんて可愛いのかしら~343と思わず駆け寄って声を掛けてしまいました~410
男の子ですが、この子とラティナは相思相愛・・・345
2匹で寄り添って、チュッチュ、イチャイチャ・・・白黒のかたまりになっています411

           VFSH0029.jpg   
ラティナも大好きなお友達に会えて、とっても嬉しそうです。

   VFSH0033.jpg
ゴン君とアン、同じ黒ポメでも全く毛質がちがうので、違う犬種のようです。

ジャーちゃんとゴン君は2人の優しいお姉さんと暮らしています。
アンのトラウマが酷くなる前ですが、ジャーちゃんとゴン君のお家に遊びに行き、
私がジャーちゃんを撫でながらふと見ると、ちゃっかりアンがお姉さんに抱っこしてもらっていて、ビックリしたことがありました。
まだ主人にも、ときどき吠えていた頃なので、本当に驚きました405
今回、初めは吠えていましたが、他の人に吠える吠え方とは違い、しばらくしてお姉さん達には吠えなくなりました。
ラティナもアンもまた会える日を楽しみにしていようね22

  

スポンサーサイト
【2007/09/26 15:48 】
ペット | コメント(0) | トラックバック(0)
大家族のお友達の家へ

先週、数年ぶりに会うお友達のお宅にお邪魔させていただきました。
以前遊びに行ったときには、フラットコーテッドレトリバー1頭と猫ちゃんが8匹いましたが、猫ちゃんが10匹に増えていました405
川崎は捨て猫が多いらしく、この家の猫ちゃん達は全て捨て猫だった子です。
1匹浅黄ちゃんという子猫がいましたが、5匹保護したうち4匹は里親が決まり、この子は栄養不足だったせいか、生まれつきなのか、肋骨が普通より短いため里子に出さず、残すそうです。
多頭飼いで♂♀両方いるので、犬も猫も全て避妊・去勢手術しており、猫ちゃんは外には出さず室内飼いです。
私がいる間に出てきてくれた猫ちゃんは5匹ほど・・・

   VFSH0091.jpg   VFSH0090.jpg
  皆おもちゃに夢中です。    可愛い子猫の浅黄ちゃん

私は人懐こい、フラットのノエル君とずーっと遊んでいました~411
ハイテンションで遊び好き・・・性格がラティナと似ています。

           VFSH0092.jpg
お腹を見せて、撫でて!撫でて~!とお手をする、
とっても可愛いノエル君、また遊びましょうね~♪ 


【2007/09/24 12:38 】
ペット | コメント(2) | トラックバック(0)
3度目のレメディ

久しぶりにレメディを処方していただく為、アンを連れて病院に行きました100
主人の兄が来て以来、トラウマが酷くなり、お散歩で人と会わなくても警戒して吠えながら歩くようになってしまったアンでしたが、
前回のレメディを使い始め、人に会わなければ吠えなくなりました。
8月初めにレメディが切れてしまいましたが、なかなか予定が合わず、2ヶ月ぶりの病院です。
レメディも1ヶ月空いてしまったせいか、またお散歩で下におろしただけで吠えるようになってしまいました。
       VFSH0015~00.jpg
         どこに行くの?

 
病院に着き、初めはまた先生に吠えていましたが、しばらくすると男の先生の所にも時々匂いを嗅ぎに行きました。
以前に比べると、少しずつですが変わってきているようです。
先生にも初めて来たときに比べて、人を信じてみようかな・・・という目に変わってきたと言われました。
とはいっても、良くなるまで、まだまだ時間が掛かりそうです。

254今回処方されたレメディ254

<アルニカ>
過去の精神的、肉体的なショックや外傷を無意識に逃避することなく受け止める精神力を与えます。

<ラベンダー>
霊的に影響を受けやすい人や動物を助けるエッセンスです。ラベンダーは心を落ち着けさせ、体をくつろがせます。

<インパチエンス>
せっかちで、すぐイライラ。マイペースすぎる。
短気で怒りっぽく、スローな人や動物や状態にイライラしたりする。イライラしたり、性急に焦ったり、盲目的に突っ走っているような状態にも使える。
レスキューレメディにも入っている。

<ビーチ>
周りに対して批判的、傲慢。自分のやり方・考え方が唯一無比の正しいものであると信じ込んでいるために、人間や他の動物、あるいは物事や状況を受け入れないという状態です。

<インディアンピンク>
自己の中心を見出し、定着した生き方ができるように焦点をしぼって活動し、日常の行動を無理なく管理し、調整する能力を与えます。また、人と暮らす動物達の場合、保護者の方の影響を受けやすい子にも効果的です。

<ラーチ>
自信がないので、前に進もうとしない。自信に欠け、他者と比較して劣等感を感じる。

<リレイションシップ>
人や他の動物との関わりに感情的な苦痛と不安があるとき・混乱した状態・怒りを感じている状態・感情に囚われ、閉塞状態・他人と関わることが出来ない状態に効果があります。
入っているフラワーエッセンス:ブルーベル、ボトルブラシ、ブッシュ、ガーデニア、ウェディング・ブッシュ、ダガー・ハキア、フランネル・フラワー、ミント・ブッシュ、ボアブ、レッド・ヘルメット・オーキッド、レッド・スヴァ・フランジパニの10種類。

22ホメオパシーのレメディ22

<アコナイト>
ショック、パニック、恐怖に。

処方されてすぐアンにレメディを舐めさせました。
その後、上の階のイスか何かを動かすギーギー、ガタガタという音にアンが驚き、シッポを下げてくるくると回りだしたので、
もう一度レメディを舐めさせ少しすると、「あれ?何だか落ち着く・・・」と言っているそうです。
アンは床に伏せ、くつろぎ始めました。

   VFSH0018.jpg
   VFSH0017~00.jpg
病院内でアンがこんな風に、伏せてくつろぐなんて、初めてです405
不思議です。レメディ・・・トラウマのスイッチが入ったときには、3~5分おきに舐めさせると良いそうです。

それと、この日はこんなのもあるんですよとEFTという治療法も教えていただきました。
自分に合ったフレーズを言いながら、ツボを刺激するらしく、それが不思議と効くらしいのです。
飼い主が犬の代わりに行うこともできるらしく、EFT-Japanのホームページから基本マニュアルは無料でダウンロードできるらしいので、時間のあるときにやってみようかしら・・・

色々なお話をした中で、食べ物の話になり、先生が食べているお米に興味をもち、ネットでの検索方法を、お聞きしたらホームページをコピーしてくださいました10
そのお米は「自然循環栽培のお米」で無農薬・無化学肥料栽培のもので、体にも良さそうで、思っていたほど高くないので、今あるお米が終わったら買ってみようと思っています。

それから犬に食べさせてはいけない物の話になり、アボカドの成分の中に犬に良くない成分が含まれているというお話を聞きました。最近は与えていませんが、アボカドが入っているフードも売っているので、体に良いと思い、何度かあげていました404
これからも出てくるのかしら・・・今まで良いとされていたものが、実は良くなかったってこと・・・

今日も色々なお話をして、あっという間に2時間、普通の病院ではありえません410
私にも楽しいひとときとなりました。

        
   
  









   


 

【2007/09/14 17:54 】
ペット | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。