スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ドッグフードの勉強会で学んだこと
以前、我が家で利用しているドッグフード会社、2社の勉強会に出席した。
どちらもドッグフードを取り巻く環境と現状についてお話を聞くことができました。
A社の社長さんは長年皮膚病に悩まされ、関節炎を引き起こし11歳で亡くなった愛犬のことをきっかけに、手作り食を食べていた叔父さんちの犬達は病気なんてしなかったのに・・・とドッグフードに疑問を持ち、20年程前に調査をしたそうです。

フードが作られる現場を見せてもらおうと電話した全てのメーカーに工場見学を断られ、仕方がないので原料から調査することにしたそうです。
そこで目の当たりにした物は、屋外に不衛生な状態で油まみれになっている、とても臭い、無造作に山積みされたカスのような物で、驚いていると、「ウチはまだ良いほうで、普通に出回っている犬用肉は人間用に出来ない理由のある廃棄肉なんですよ」といわれたそうです。
農林水産省飼料用マニュアルによると人間用に加工することのできない、病気や汚染の事実がある肉に認められているのは、飼料、肥料、焼却処分で、ペットフードへの使用も認められているそうです。

ドッグフード先進国のアメリカなら安心なのではと、アメリカのメーカーと連絡をとったところ、工場見学もウェルカムとのことで、訪れた工場はすばらしい設備だったそうです。
しかし工場に入ると、防毒マスクと完全装備で、肉を消毒する、驚くべき光景が目に入り「ウチはこれだけ消毒しているから安全だ」と言われたそうです。
アメリカでは国の機関が飼料用原料肉に3D、4Dで表すとんでもない物を認めていたそうです。
3D、4Dの意味は、DIE(死んだ)、DISEASE(病気)、DISABLE(不具合になった)、DYING(死にかけた)、それぞれの頭文字を意味するものだそうです。
外国産フードでも、良質な物もあるそうですが、貨物で日本に届くまで、かなりの日数が掛かり、酸化は免れない。酸化したフードは添加物より毒になることもあるそうです。

日本で、プレミアムフードといわれる物が100g¥100(1kg¥1000)程で売られています。
ジャガイモしか使用していないポテトチップでさえ100g¥120ほどするのに、まともな肉や野菜を使って、本当にその値段で作れるのか?疑問に思います。

B社の勉強会では、ペットフードのラベル表示のからくりについてお話がありました。
・使用量の多い順に80%まで表示(残りの20%は表示義務がない)
・特定表示は5%以上入っていれば表示できる。
・原材料名は素材名のみの表示(どの部分かは不明)
例えば、鳥の爪や羽などだけで、肉が使われていなくても全体の5%以上入っていればチキンと表示できてしまう。
・成分表示は自社内の分析値で、添加物については殆ど表示されていないとの事。

最近、中国の牛乳のメラミン混入が問題になっているが、同じくメラミンが混入されていた中国産小麦グルテンを使用したペットフードによる愛犬の死亡事件があった事も記憶に新しい。

ペットフードには、ナチュラル、害がないというイメージをつけるため、酸化防止剤として(天然型ビタミンC+E)などを表示してあるものもあるが、これだけでは酸化防止はできないそうです。
ペットフードに使う添加物などの薬品は、ほとんどが中国で作られるとのこと。

注意が必要な表示としては ・動物性油脂 ・肉類副産物 ・ボーンミール ・家畜類副産物 ・動物性乾燥消化剤 ・魚粉 ・肝臓線粉 ・魚類副産物 ・あらびき粉 ・植物性繊維製品 ・肉骨粉とあり、レンダリング肉、4D肉、内臓、鳥の羽、トサカ、蹄、皮毛、とうもろこしの芯、外皮、ひげ、食用以外の穀物、繊維質(紙を作ったあとに残った繊維)、薬品処理、残留ホルモン、基準以上の残留農薬がある穀物などが使われている可能性があるという事です。

ここ数年、犬もアレルギーや、皮膚炎、ホルモン異常、癌などの子が増えているように思います。
健康な体は食事でつくられると言いますから、ドッグフードの影響によるものなのかもと思います。

国産と書いてあっても製造しているのがその国なだけで、原材料のほとんどが中国、インドネシア、タイから供給されているそうです。
安全なフードを選ぶには、なるべく各原材料の産地も記されているものを選んだほうが良いとのことです。

他にも色々な事を聞きしましたが、長くなってしまったので、ここまで・・・

        ra080922.jpg
             んっ  ご飯できた~

スポンサーサイト
【2008/09/22 20:40 】
フードのこと | コメント(2)
お気に入りのペットフード
私のお気に入りのドッグフードは、ビッグウッドの華です。
ラティナを我が家に迎えてから、体に良さそうなフードを色々と試しましたが、納得できるものがありませんでした。
近所の皮膚病などのトラブルを抱えているダックスちゃんの飼い主さんが、フードについても色々と勉強しており、今のフードを教えて下さいました。
ビッグウッドのフードは無農薬・有機栽培・無投薬で生産された、人の食用レベルの食材を使用していて、水道水は使用せず、天然ラジウム温泉水を使用しているそうです。
私はとても気に入り5年半、朝は華をあげています。
ホメオパシー療法食などもあり、全て添加物・保存料などは入っていません。
華は未開封で3ヶ月、開封後は冷蔵保存で1ヶ月しかもたないので期限内に食べきれる量だけを注文します。
電話で注文すると、できたてを送ってくれるのも嬉しい449
私も試食しましたが、本当に添加物が入ってないなぁって味でした433
教えて頂いた方に、最近は体内の消化酵素がちゃんとしていないワンちゃんが多いらしく、華を食べると初め軟便や下痢になる子もいるので、
少しずつ切り替えていった方が良いという話と、華には体内に溜まった、尿や便では排出しきれない添加物などの毒素を吐き出す働きのあるハーブが配合されているので、初めは何か症状が出ると思うけど、出し切っちゃえば大丈夫だから心配しないでねと言われました。
幸いラティナは軟便になる事なく、すぐに切り替えられましたが、しばらくの間、黄色っぽい目ヤニが出たり、耳垢がすごくなり炎症を起こしました。
でも、それを過ぎると涙やけもキレイになり、健康体って感じで、予防接種とフィラリア以外、病院に行くことが無くなりました。
アンも軟便になる事なく、すぐに切り替えられましたが、やはり黒っぽい耳垢がどんどん出てくる状態がしばらく続きました。
でも、お尻から尻尾にかけては、まだ艶のないゴワゴワな毛が多少ありますが、それ以外の毛は艶のある毛に変わってきました。
そして何より驚いたのが体臭です。
耳の症状が治まっても体臭がきつく、知り合いの黒ポメの飼い主さんに聞いたら、同じ犬種でも黒い犬の方が体臭がきついらしく、うちはラティナの前にいた犬も体臭が殆どないと言われているプードルだったので、余計にアンのにおいが気になっていましたが、最近体臭が気にならないぐらい少なくなっている事に気付きました(^o^)
先日、勉強会で知り合った方のワンちゃんも華で皮膚病も良くなり、体臭も減ったと言っていたので、やはり食べ物が健康な体をつくるんだなぁと改めて実感しました。

ビッグウッドの社長さんともフードの勉強会で2回お会いする機会があり、色々とフードに対してのお考えなどもお聞きしました。その時の内容は長くなるので、また今度・・・

        ra070723.jpg
写真はドッグフード華と家庭で治せるペットの病気の本。本にはフード・寄生虫・免疫力・ホメオパシーの事など興味深いことも書かれています。

22日(日)はワン達286286にはお留守番してもらい、アニメ・ワンピースのサニー号を見に、由比ガ浜へ

        ra070723-2.jpg

        ra070723-3.jpg
サニー号は動かず、見る所も余りないので、いまいちだった

ra070723-4.jpg
久しぶりに乗った江ノ電もワンピース仕様になっていました~323
会場にちょっと太めの、なりきりジョニーデップがいて、おもしろかったです411
10年ぶりのビーチ、水着はもう着れる体系じゃないので、こういう事がない限り夏に海には来ません。主人は水着持ってくれば良かった~と騒いでいましたが・・・






【2007/07/23 16:56 】
フードのこと | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。